カテゴリー
ストッキング

TPOで見るストッキングの色の選び方

ストッキングの色は、服装を基準に選んでしまいがちです。しかしTPOも考慮する選び方をして、マナーを抑えましょう。
結婚式などの慶事では、肌色のストッキングやパンストです。足首にワンポイントやラメが入っているストッキングも、派手すぎなければ問題ありません。面接などビジネスシーンで着用するなら、同じ肌色でも無地です。柄物やワンポイントがあると派手すぎるので、無地を選ぶのが最適な選び方です。お葬式やお通夜などの弔辞では、ストッキングやパンストの色は黒です。お悔やみを表わす黒が弔辞では選ぶべきなので、突然参列することになっても黒を選ぶようにしてください。もし黒のストッキングやパンストに履き替える時間がないときは、肌色でも許される場合はあります。これと似たようなお子さんの入学式や卒業式の際の奥様方のお呼ばれスーツにストッキングを履く人妻パンストも一般的に無地が無難です。肌色のストッキングやパンストを着用して参列する場合も、ビジネスシーンと同様に無地です。ワンポイントや柄物はマナー違反になるので、避けるようにしてください。ストッキングやパンスト、ガーターの色はTPOを考えながら選ばなければいけません。最近では昔ほど気にする人は少なくなりつつありますが、それでも最低限のマナーとして考えるのが大人の振る舞いとして押さえておきたいポイントです。